2006年07月17日

ページをめくるのが楽しみ☆しかけ絵本

しかけ絵本って知っていますか?

ページに色々な工夫がしてある絵本のことです。
普通の絵本より多少割高ですが
しかけが楽しくて何度も読んでくれるお子さんが多いのが
このタイプの本です。

我が子たちの時の経験から
図書館などで借りてもいいのですが
この手のタイプはしかけが貸し出しの間に
壊れてしまったり動かなくなってしまうことが多いらしく
なかなかいいものがないんです。。。。

でも仕掛け絵本は子供達にとっては魅力的なようです。
今回はしかけ絵本を中心にご紹介します。


3びきのかわいいオオカミ
著者:ユージーン・トリビザス /ヘレン・オクセンバリ
出版社:大日本絵画

3びきのかわいいオオカミ

あるところに、ふわふわのけがわにふさふさのしっぽをもった
3びきのかわいいオオカミが、
おかあさんといっしょくくらしていました。
いちばんうえのにいさんはまっくろ、にばんめははいいろ、
すえのおとうとはまっしろでした。
あるひ、おかあさんが3びきをよんでいいました。
「さあおまえたち、そろそろひろいせかいにでておいき。
 かあさんのうちをでて、じぶんたちのうちをつくりなさいな。
 でも、わるいおおブタにはきをつけるのよ。」
「しんぱいしないでかあさん。ぼくたち、ブタにはきをつけるから。」
そういって3びきのオオカミは、ひろいせかいにでていきました。






おばけやしき新装版
著者:ヤン・ピエンコフスキー /でんでんむし
出版社:大日本絵画

おばけやしき新装版

ガタピシした階段にはお化けが隠れている。
台所では蛙が大きな口を開き、暖炉のそばの椅子には大猿が腕を広げ、
風呂場の壁からは奇妙な異星人が現れ、寝室には…。
恐ろしいお化け屋敷を案内するしかけ絵本。





ハリーポッターシリーズしかけ絵本
著者:J.K.ローリング /ジョー・ボー
出版社:静山社 /大日本絵画

ハリーポッターと秘密の部屋ハリー・ポッター ホグワーツ魔法魔術学校

ハリーポッターのしかけ絵本です。
とてもよく出来ています。
ハリーポッターが好きなお子さんにはもってこいの絵本ですね。



posted by ☆読書T☆ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み聞かせ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。