2006年07月14日

夏休みに読んでみたい本

以前は読書嫌いだった子達も
色々読んで友達と話したりすることで少しずつ本に興味を持ったようです。

今回はそんな生徒達が夏休みに是非読んでみたいと言っている
本を集めてみました。



『スピン』
著者:山田悠介
出版社:角川書店

スピン

中高生に人気の作家山田悠介の最新作

このバスから、誰も降りることはできない。
そう、東京タワーに着くまでは――! 
少年たちによる“同時多発バスジャック”という誰も見たことのない
戦慄が、いまエンジンを始動する!!

最新作だけあって塾の生徒達の間でも
話題になっている本です。




つきのふね
著者:森絵都
出版社:講談社

つきのふね

直木賞作家 森絵都 の小説

親友を失い、孤独な中学生さくら。
進路や万引きグループとの確執に悩み、心の支えである智も精神
のバランスを崩していく。
青春の闇の中で一筋の光を求めて疾走する少女を描いた
作品。

主人公と同じ年頃の生徒達に紹介した本です。
読んでみたいと女の子達の間では話題になってます。




ドミノ
著者:恩田陸
出版社:角川書店

ドミノ

オーディションに火花を散らす母娘。
推理力を競い合うミステリー研究会の大学生。
東京駅爆破をもくろむテロリスト。
ある日、東京駅に居合わせた全く無関係な27人と1匹が
ドミノ倒しのように連鎖しながらクライマックスへ向かっていく!
スピード感あふれる展開から目が離せないストーリー。

学校からもらった図書案内に書いてあった作品らしく
生徒達が話題にしていたもの。
展開がとても面白いそうで持っている生徒が
読みたい生徒に貸してあげている姿を見かけました。




posted by ☆読書T☆ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書嫌いだった子達のオススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

本が嫌いでも笑える本ならきっと本好きに!!

本・読書というと『固い』『肩が凝る』
と思ってしまいがちですよね。

でも、笑える本ならきっと本が好きになるのではないでしょうか?
本って意外と良い物だよね
そう思えれば素敵ですよね。

そんな笑える・楽しい本を集めてみました!!
さくらももこのエッセイ集
楽しくておかしくてちょっぴり泣けるそんなエッセイ集です。
さるのこしかけ もものかんづめ たいのおかしら ももこの21世紀日記(n’01) 


小説ならこれらはいかがですか?
比類なきジーヴス よしきた、ジーヴス
ジーヴス シリーズ
お笑い街道ばく進中。
英文学史上もっとも滑稽な数十ページといわれたキテレツ表彰式の章を
を含む、天才ウッドハウスのナンバーワン長編。



空中ブランコ
『空中ブランコ』
人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、
ノーコン病のプロ野球選手。
困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。
ここはどこ?なんでこうなるの?
怪作『イン・ザ・プール』から二年。
トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。



百器徒然袋ー雨 百器徒然袋ー風
百器徒然袋シリーズ
救いようのない八方塞がりの状況も、
国際的な無理難題も、判断不能な怪現象も、全てを完全粉砕男。
ご存知、探偵榎木津礼次郎!
「下僕」の関口、益田、今川、伊佐間を引き連れて、
さらには京極堂・中禅寺秋彦さえ引きずり出して、
快刀乱麻の大暴れ!
不可能状況を打開する力技が炸裂する作品
posted by ☆読書T☆ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書嫌いだった子達のオススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

小学校高学年の子達のおすすめ本

今は、漫画やゲームがあふれている世の中。
本を読む機会はめっきり減っています。
本を読むより楽しいことがたくさんあるからなんでしょうね。
でもそんないまどきの子供達にも、受け入れられたシリーズがあります。


『ズッコケ3人組』シリーズです。


これは少し前の子供達にもとても受けた本でしたが、
今の小学生にもやっぱり喜ばれます。
最初本嫌いだった子も、シリーズを読んでいくうちに
読書は楽しいと言って習慣になった子もいます。

ただ、最近このシリーズはアニメやドラマにもなっているので
そちらばかり見てしまうと少し効果が得られないと思いますが、
逆に本を読んでからそれらを見たらイメージがしっかりして
面白いと感じると思います。

また、小さいころに読んだ!!と言うあなたには
3人が大人(中年)になってからのお話
『ズッコケ中年三人組』
ズッコケ中年三人組

も 出ています。お子さんとも楽しく読めるのではないでしょうか。。。


ある程度セットでほしい方には 『ズッコケ三人組シリーズAセット(20巻セット)』
ズッコケ三人組シリーズAセット(20巻セット)
なんかもあります。


親子で同じ本を読むという経験は素敵です。
是非これを機会にやってみてくださいね。。。。
posted by ☆読書T☆ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書嫌いだった子達のオススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

読書嫌いが好きになったきっかけ本

今日紹介するのは中学生で読書嫌いだった
私の生徒が、『本って面白いなぁ』って思えるようになった
きっかけの本です。

内容に関しては、親にしてみれば良いと言えない
内容かもしれません。でも本の面白さを知るきっかけに
なったことは間違いないです。

話の展開がスピーディーで臨場感がある文に、
ゲーム世代の子供達は引かれたようです。

ゲームは好き、でも読書は嫌いなんていう子にはオススメです。

『リアル鬼ごっこ』山田悠介著
リアル鬼ごっこ
全国500万の「佐藤」姓を抹殺せよ!
―西暦3000年、国王はある日突然、7日間にわたる死の鬼ごっこを決行した。
生き残りを誓う大学生・佐藤翼の眼前で消されていく父や友。
陸上選手の翼は、幼い頃に生き別れた妹を探し出すため死の競走路を疾走する。
奇抜な発想とスピーディな展開が若い世代を熱狂させた大ベストセラー。

『パズル』山田悠介著
パズル
超有名進学校が武装集団に占拠された。
人質となった教師を助けたければ、学校中にばらまかれた2000ピースもの
「パズル」を48時間で完成させなければならない。
死のゲームが今、始まる!

生か死かを問われるサバイバルものですが、
普段あまり本を読まない子にはすんなりゲーム感覚で読めて
しまうところがあります。

たくさん読む子にしては少し物足りないかもしれませんが、
展開や意外性と言う意味では読んでいて驚くこともあると思います。

これらを読んですっかり山田悠介にはまってしまった、
読書嫌いだった私の生徒もいます。。。。
いまや、本 大好きになってしまいましたけど・・・。

posted by ☆読書T☆ at 01:12| Comment(1) | 読書嫌いだった子達のオススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。